2017年10月号 <連載/戦略>

戦略

顧客感動のメカニズム:第6回

顧客と企業の乖離を知り
ポジティブ体験をデザインする

高見俊介

これまで、ポジティブ体験のタイプについて、事例を交えて紹介してきた。今回は、これらの要素を「発想の引き出し」として活かしながら、実際に企業やセンターがカスタマー・エクスペリエンスをデザインする際の具体的なアプローチ方法を解説する。