コンタクトセンターのためのAI入門講座

AIの概要を理解し、導入・活用までの流れを把握できます
 
開催予定  
準備中

講座カテゴリ    
マネジメント

対象   
センター長、マネージャーなど

講座概要
コンタクトセンターでのAI(人工知能)の導入が進みつつあります。
ナレッジベースの効率的な検索をはじめ、問い合わせに自動応答するチャットボット、呼量予測やお客様の声の解析など、期待は大きいといえますが、AIは導入すれば自動的に何でもやってくれる存在ではありません。
そこで、本講座ではIBM WatsonをはじめとするAIで「いま何ができるか」から、コールセンターに「いかに導入していくか」まで、一つずつ順を追って解説していきます。
AIというと難しいというイメージがあるかもしれませんが、Watsonなどのクラウド上で提供されるAIサービスは簡単に使い始めることができます。技術者の方でなくとも、AIの実態をご理解いただける内容(実演あり)です。

 
プログラム
1.AIの基礎知識
  i.第3次AIブームとは何か
  ii.機械学習の概要
  iii.認識(コグニティブ)と予測
  iv.AIはどのように提供されているか

2.IBM Watsonでできること
  i.コグニティブコンピューティングとWatson
  ii.Watsonによる自然言語認識・画像認識の実演
  iii.Watsonによるチャットボットの実演
  iv.Watsonにできることとできないこと

3.Microsoft Azure MLでできること
  i.機械学習とAzure ML
  ii.Azure MLによる予測の実演

4.コールセンターにおけるAIの活用
  i.ナレッジ検索・リコメンデーションでの活用
  ii.VOC(お客様の声)解析での活用
  iii.呼量予測での活用

5.AI導入プロジェクトの進め方
  i.一般的なITシステム導入とAI導入の違い
  ii.「使える」データはあるか?
  iii.オペレーターの協力なくしてAIは賢くなれない


b_特典
ご自身でWatsonとAzure MLを無料で試してみるための操作マニュアル

定員  
30名

価格
49,680円(昼食付、税込)

講師プロフィール  

 
 
井上 研一
 
ITCA認定ITコーディネータ・ITエンジニア
合同会社井上研一事務所 代表社員
ITCA届出組織 ITC-Pro東京 理事
IBM BlueHub インキュベーション・プログラム(第3期) メンター
 
2000年よりITエンジニアとして多くの情報システム構築に従事。コンタクトセンターに関しては金融やメーカーでのシステム構築に携わり、2016年はIBM Watsonのコンタクトセンターへの導入を行う。
2015年5月、経済産業省推進資格ITコーディネータ認定。
2016年10月、リックテレコムより「初めてのWatson APIの用例と実践プログラミング」を上梓。IBM BlueHubインキュベーション・プログラムにおいて、ベンチャー企業3社のWatson導入に関するメンタリングを実施。
Tech Garden Schoolでプログラミングに関する講師を務めるほか、ITコーディネータ協会主催のAI研修などで登壇多数。